Home > 2017年の研修会 > 2017年7月1日(土)在宅に必要な褥瘡治療について
2017年7月1日(土)在宅に必要な褥瘡治療について

【在宅に必要な褥瘡治療について】開催しました!

2017年7月1日 在宅に必要な褥瘡治療について~褥瘡治療を体験してみよう~
東京医科大学病院薬剤部 褥瘡学会認定薬剤師
関根祐介先生に講義をして頂きました。

スライドにて褥瘡のステージの見分け方、それに適した軟膏や被覆剤の選び方やその特徴を学び、その後は模型を用いて実技のグループワークを行いました。

さまざまなステージの褥瘡が再現された模型に、実際に薬剤やガーゼを使って処置の手順を学べたことで、より講義の内容を体得することができました。

関根先生、ありがとうございました!
実際の薬剤やガーゼを使用しての実技研修

2017年7月1日 在宅に必要な褥瘡治療について~褥瘡治療を体験してみよう~

東京医科大学病院 褥瘡学会認定薬剤師 関根先生を講師にお招きし、褥瘡治療における基剤選択、褥瘡模型を使用した塗布の方法についてお話頂きます。

今後ますます増える在宅看護と、それに伴う在宅訪問。褥瘡は適正な薬剤の選択が重要であり、薬剤師は実際に創を見て、処方された薬剤の有効性や副作用をアセスメントし、介護スタッフや家族への薬剤の適正使用の指導しなくてはなりません。

数多くの現場をご経験されてきた先生から、模型を使ったご指導を受けられる、実践的な内容の研修会となっています。

 

●日時:2017年7月1日(土)15:30 受付~ 18:30
●場所:貸会議室 ユーズ・ ツウhttp://www.us2-fuji.com/ 
大阪市北区梅田2-1-18 富士ビル4階 F室

駐車場のご用意はございませんのでご了承ください。

●受講料:3,240円(税込)当日受付にて現金払いにてお願いいたします。

領収書を発行させていただきます。

 

●薬剤師の方には、認定シール2単位を発行致します(お申込み時にお書き添えください)。

 

●お申込みは こちら からお願いいたします

【社会人の方へ】
【学生の方へ】
お問い合わせはこちら
ページのTOPへ戻る