Home > 2019年の研修会(1) > 2019年1月19日(土)「薬剤師の視点でみる臨床検査値」
2019年1月19日(土)「薬剤師の視点でみる臨床検査値」

1月19日(土)「薬剤師の視点でみる臨床検査値」を開催いたしました

今回は、京都府立医科大学附属病院 薬剤部 技師の山村紗代先生にお越しいただき、検査値の基本的な考え方や各項目についてご講演いただきました。

 

講義では、まず検査値表示の現状や、過去に実際に起きた医療事故、また、安全性情報についてお話しいただき、基準値及び各論について学びました。また、山村先生の専門とするNSTや栄養、欠乏症などについてもご講義いただきました。

最後にワークショップとして、薬剤師国家試験に出題された問題を含む演習問題を参加者の皆さまに解いていただきました。

 

検査値については処方箋への表示がなかなか進んでいない現状がありますが、今後、かかりつけ機能が求められる中で、患者様の健康状態を把握しておくことは必要不可欠となります。

検査値について改めて考える足がかりとしていただけたのではないでしょうか。

 

山村先生、ご参加頂きました皆さま、ありがとうございました!

 

 次回22日(土)は【嚥下障害を有する患者さんにできること~臨床で活かすための嚥下の知識~】です。

嚥下障害の基礎知識や薬剤性嚥下障害について理解を深め、臨床で活かすための術をお教えいただきます。

奮ってご参加下さい!

 

1月19日(土)「薬剤師の視点でみる臨床検査値」を開催いたします

臨床検査値と聞くと少し難しいイメージがあるかもしれませんが、過量投与防止や相互作用・ 副作用の早期発見などの観点からも、薬剤師にとって臨床検査値の活用は重要になってきます。適正で安全な薬物治療を行うために臨床検査値を勉強してみませんか?

今回は、京都府立医科大学附属病院 薬剤部より山村紗代先生をお招きし、実際に院外処方箋に表示している臨床検査値を含めて、調剤薬局で活用できる臨床検査値について解説していただきます。

皆様で一緒に学びましょう。

 

●日時:20191月19()

1510~受付開始
15301830 講義・ワークショップ・質疑応答

 

●講師:

京都府立医科大学附属病院 薬剤部
技師 山村 紗代 先生

(日病薬病院薬学認定薬剤師・認定実務実習指導薬剤師)

 

●場所:貸会議室 ユーズ・ ツウhttp://www.us2-fuji.com/ 
大阪市北区梅田2-1-18 富士ビル4 F

※駐車場のご用意はございませんのでご了承ください。    

 

●受講料:3,240円(税込)

当日受付にて現金払いにてお願いいたします。

領収書を発行させていただきます。

※学生の方は無料です!

 

●薬剤師の方には、認定シールを発行致します(お申込み時にお書き添えください)。

 

●お申込みは  からお願いいたします

※お申し込みメールの内容を確認後、数日以内に折り返しご連絡させていただきます。 

 しばらく経過しても当社より返事がない場合は、誠にお手数ですが下記の番号までご連絡いただけますと幸いです。

TEL:072-759-5555

お問い合わせはこちら
ページのTOPへ戻る